アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 既存作品購入 声優検索 お題でボイス    
 
萌えボイス作成
 

声優名 半熟ぱいん [声優詳細情報]
価格 1100円 文字数 6760文字
サイズ 113851.3 KB 公開日 2019年6月10日
声のタイプ くすぐる女性 ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 0回
タイプ アダルト作品
作品内容
 女博士のくすぐりカプセル稼働試験 疑似バイノーラル編集で左右からコチョコチョ責め!

台詞
女博士のくすぐりカプセル稼働試験

【プロローグ:試験説明】
ふむ。君が今回、新型のくすぐりマシンの稼働試験に応募してくれた子だね。

一応聞くが……。君は、くすぐられるのが好きなのかい?

くくっ、まあ、そうだろうな。

こんなところに来てくれるのは、相当なもの好きか、もしくは……。おっと、ここから先は言ってはいけないんだった。

まぁともかく、せっかく来てくれたんだ。歓迎するよ。

今回の試験内容はいたって簡単だ。危険もない。

ここに、一台の新型くすぐりマシンがある。これを使用して、感想を聞かせてもらいたい。それだけだ。簡単だろう?

マシンはすぐにでも市場におろせる、マスターアップしたバージョンだ。だから安全性は心配しないでもらいたい。

では、稼働試験をしてもらうくすぐりマシンを紹介しよう。

形はカプセル型だ。本体上部の扉を開くと、中がベッドになっていてそのまま寝られるようになっているんだ。ベッドの素材にも気を使っているから、寝心地は抜群さ。丸一日ぐらい寝転がっていても、うっ血を起こすこともない。まぁ、くすぐられた時の興奮で血流が良くなる、という理由もあるのだがな。

機械の壁面には、くすぐり用のアタッチメントが収納されている。中身は……。まあ使ってみてのお楽しみだ。

それから、これがこの新型くすぐりマシンの一番の目玉機能なんだが……。

枕の両サイドを見てくれ。スピーカーがついているのが分かるだろう。ここからくすぐり音声を流すことができるんだ。

くすぐり音声というのは、例えば……。

こちょこちょこちょ、こしょこしょこしょ……。

とまあ、こんな具合だ。

くすぐり好きのクライアントから、是非ともくすぐり音声を流す機能が欲しいと言われてね。

どうも、くすぐり音声があると、身体の感覚が鋭敏になるらしいんだ。人体というのは不思議だな。

左右にスピーカーがついているから、まるで耳元でこちょこちょとささやかれているような、そんな気分が味わえるようにしてある。

耳が敏感な人は、このささやき声を聞くだけで耳がゾワゾワするらしいな。まるで音波で耳を責められているような、そんな感じになるそうだ。

どちらの耳が敏感か、というのは個人差があるから、今回は両方とも経験してもらおう。

これで、今回の実験に関わる説明はおしまいだ。

さぁ、早速実験を始めよう。

マシンの中に入って、横になってくれ。


 
【2:右半身くすぐり】
聞こえるか?

これから、このスピーカーからくすぐり音声が流れ出す。それと同時にカプセル内部のくすぐりアタッチメントが起動して君をくすぐる。

君はただ素直にくすぐられていればそれでいい。

今回は少し特殊な趣向にしてある。

今から、右側のスピーカーにくすぐり音声を流す。右から声が聞こえてきたら、身体の右側だけがくすぐられる。音声とくすぐりの同期を図るんだ。

右耳のスピーカーに、よーく意識をこらしてみるといい。

では、始めよう。

初めは右耳をくすぐろう。

スピーカーの近くから、柔らかい梵天が出てくる。耳くすぐり専用の特注アタッチメントだ。たっぷり味わうといい。

こしょこしょこしょ……。さわさわさわ……。こしょこしょこしょ……。

ふさふさの梵天が、くすぐったいだろう?

こしょこしょこしょ……。さわさわさわ……。

言葉と一緒に、耳を責められているのは、どんな気持ちだ?

こしょこしょこしょ……。さわさわさわ……。

耳を優しく触られると、ゾクゾクするだろう?

さわさわさわ……。こしょこしょこしょ……。

では、耳への責めはこれで終わりだ。

このくすぐりマシンの威力、少しは分かったかな?

このマシンの真骨頂はこれからだ。まるで耳元でささやかれながら、全身をくすぐられているような、そんな感覚が楽しめる。たくさん、味わってくれ。

例えば、こことかな。

足の裏を、爪を模した硬めのアタッチメントで……。

かりかりかり……。

このくすぐりマシンには、たくさんのアタッチメントが内蔵されている。

足の裏は、少し硬めのアタッチメントが効果的だからな。まるで人間の爪のような、繊細で、それでいて耐え難いくすぐったさを与える。

さあ、たっぷり笑い悶えてくれよ。

かりかりかり……。

緩急も自由自在さ。

かりかりかりっ、かりかりかり……。

土踏まずも、指の下の膨らみも。くすぐったいところは全部インプットしてある。

かりかりかり……。がりがりがりっ!

爪でカリカリ、コチョコチョされるような刺激、たまらないだろう?

かりかりかり……。がりがりがり……。

次は、ここにしようか。右脇腹。

脇腹は、グッと指に力を入れて、揉むような刺激が効果的だ。

今から、脇腹のところに、人の手の形のアタッチメントが現れて、君の腰をしっかりと掴み、モミモミとマッサージするような刺激を与えるだろう。

君が脇腹のくすぐりに強ければ、きっと心地よいマッサージになるだろうが……。

もし、脇腹のくすぐりに弱かったら……くくっ、とても辛〜い地獄の責めになるだろうな?

では、いくぞ。

もみもみもみ……。

このアタッチメントの動きは、人の手と同じように、とても繊細に動く。

だから、今のように腰を掴んだまま、指先だけをコチョコチョと動かすことも可能だ。

こんな風にな。

こちょこちょこちょ……。

ギュッと揉まれるような刺激とはまた違って、くすぐったいだろう?

揉みくすぐりが効かないタイプでも、こっちのコチョコチョとしたくすぐりの方が、弱い人もいる。

君はどっちの人間かな? まだまだデータが欲しい。どちらの刺激も、たっぷり味わってくれ。

もみもみもみ……。こちょこちょこちょ……。

指が早く動くと、とてもくすぐったいよなぁ?

こちょこちょこちょ……。もみもみもみっ、こちょこちょこちょ……。

ふふっ、カプセルの中で必死に腰を振っている姿が滑稽だったぞ。

さて、次は……。ここだな。腋の下。

ここは……。そうだな、触手型のアタッチメントにしてみるか。

触手型のアタッチメントは、先っぽからぬるぬるのローションを分泌する機能を持っている。

すべりのいいローションで、ぬるぬる、ぐちゅぐちゅとくすぐられたら……。

とーっても、くすぐったいぞ。

まずは、ゆっくりと撫でて、先端のローションを、脇の下全体に染み込ませる。

たっぷりローションが染み込んで、ぬるぬるになったら、そこからが本番だ。

いくぞ?

さわさわさわ……。すりすりすり……。

ゆっくりと、ローションをすり込んでいくからな。

さわさわさわ……。

腋のくぼみの奥の方まで、丹念に丹念に……。

さわさわさわ……。すりすりすり……。

だいぶ、ローションが馴染んできたな。

最後に、たくさん塗り付けてやろう。ローションの分泌を増やして……。

ぐちゅぐちゅぐちゅ……。

腋の下、ローションまみれだなぁ。

ぬらぬらと光っていて、すごくくすぐりやすそうだ。

今度は、別の触手型のアタッチメントを使う。

次に出てくるのは、さっきよりも先端が細くなった触手が、束になったものだ。

触手の太さは、女性の小指の半分ぐらいかな。

そんな細い触手が、束になって君の腋の下に襲い掛かる。とっても、くすぐったいぞ。

だんだん、触手の束が近づいてくるからな。さぁ、たっぷり笑ってくれ。

こちょこちょこちょ……。

細い触手に、腋の下が蹂躙されている感触はどうだ?

こちょこちょこちょ……。

よく動く触手だろう? 自信作なんだ。人の指よりはるかにくすぐったい。

人の指は5本しかないが、この触手なら、その何十倍もの細い触手が一気に襲い掛かる。とてもくすぐったいだろう?

こちょこちょこちょ……。

ローションでぬるぬるになった腋の下には、こういう刺激がとても効くんだ。

こちょこちょこちょ……。

右半身だけずっとくすぐられる気分はどうだ?

こちょこちょこちょ……。

身体の半分だけぞわぞわして、不思議な気分だろう?

こちょこちょこちょ……。

くくっ、だいぶ息も荒くなってきたみたいだし、脇の下への激しいくすぐりは、そろそろ終わりにしてやろうか。

次は、ここだ。右の太もも。

今度は、柔らかいブラシのアタッチメントで、サワサワと優しくくすぐってやろう。

右の太もも全体が、柔らかいブラシに包まれる感触……。とくと味わってくれ。

さわさわさわ……。

ふふっ、お尻に力が入っているぞ。

さわさわさわ……。

ブラシを大きく動かして、ワシャワシャと責めるのも、効果的だ。

わしゃわしゃわしゃ……。

右の太もも全体が包まれて、ゾクゾクするだろう?

わしゃわしゃわしゃ……。さわさわさわ……。

よし、これで右半身のくすぐりは終わりだ。ゆっくり、息を整えるといい。 
【3:左半身くすぐり】
これから、左半身をくすぐっていく。

今から、左側のスピーカーにくすぐり音声を流す。左から声が聞こえてきたら、身体の左側だけがくすぐられるんだ。

身体の右側と左側、果たしてどちらが敏感なのか……。君のデータを取らせてもらおう。

では、始めよう。

初めは左耳をくすぐろう。スピーカーとの距離が近いから、耳へのくすぐりは、一番このマシンの真骨頂を味わえる。

スピーカーの近くから、固めの羽根のアタッチメントが出てくる。耳くすぐり専用の特注品だ。

少し硬めの羽根が、耳をサワサワと、そしてカリカリと引っかくような刺激でくすぐってくる。

耳元でコチョコチョと言われながらくすぐられるのは、どんな気持ちなんだろうな?

さぁ、羽根がゆっくり、君の耳に近づいてくるぞ。

こしょ……。こしょこしょ……。

羽根でサワサワされると、ゾクゾクするだろ?

さわさわさわ……。こしょこしょこしょ……。

耳をほんの少し、弄っているだけなのに、全身に力が入っているな。そんなにくすぐったいのか?

さわさわさわ……。こしょこしょこしょ……。

よし、これで耳へのくすぐりは終わりだ。

次にくすぐるのは……。そうだな……。腋の下なんてどうかな?

ここには……。うむ。よし、人間の手を模したアタッチメントでいこう。

まるで本当の手のように繊細なタッチで、コチョコチョとくすぐってもらえるぞ。

さあ、指がゆっくり腋の下のほうまで近づいてくる。

そのままゆっくり指を曲げて……。

ぞわぞわぞわ……。

腋の中でゆっくりと指を曲げ延ばしされると、効くだろう?

もちろん、早く指を折りたたんで、曲げ伸ばしすれば……。

こちょこちょこちょっ。

こうして、脇の下をコチョコチョ攻撃することもできる。

こちょこちょこちょ……。

腋の下の窪みを、指でほじくり返される気分はどうだ?

こちょこちょこちょ……。

腋の下は、人の体で最もくすぐったい場所の一つだ。

こちょこちょこちょ……。

コチョコチョという言葉で、くすぐったさを意識させられるのはどうだ?

こちょこちょこちょ……。

ふむ。次は……。脇腹まで降りていこうか。

ふわふわのブラシのアタッチメントがある。

マシンは、一定の動きを繰り返すことが、一番得意だ。

それが生かされるのが、脇の下から腰まで、何度も何度も、上下に往復を繰り返す運動だ。

どれだけくすぐったく感じても、マシンには慈悲などない。

淡々と、上下運動を繰り返すだけだ。

ゆっくりと、ふわふわのブラシのアタッチメントが、左脇の方に近づいていく。

左脇に到達したブラシは、ゆっくりと脇腹を降りていき、腰までたどり着いた後、またゆっくりと上がって、脇の下まで戻っていく。

何度も何度も、繰り返してやろう。

腋の下を……。さわさわさわ……。

ゆっくり、脇腹に向けて下がっていくぞ。

さわさわさわ……。

今度はまたゆっくり、腋の方まで上がっていくぞ。

さわさわさわ……。

またゆっくり、脇腹まで降りていこう。

さわさわさわ……。

少しずつ、往復のスピードを速くしていくぞ。脇腹から腋まで……。

さわさわさわっ。

腋から脇腹まで……さわさわさわっ。

脇腹から腋まで……さわさわさわっ。

腋から脇腹まで……さわさわさわっ。

ランダムに、上がったり降りたり、往復していくぞ。

次はもう少し降りていく。左の太ももをくすぐってやろう。

太ももは、くすぐる面積がとても広い。どこをくすぐってもくすぐったいし、全体を一気にくすぐられたら、とてつもないくすぐったさを味わえるだろう。

だから、今度はこのアタッチメントを使う。

人の手を模したアタッチメント……のミニチュア版だ。

まるで赤ちゃんの手のように小さい手のアタッチメントが、太ももを埋め尽くすぐらい群がって、一斉にコチョコチョする。とてもくすぐったいぞ。

小さい手のアタッチメントが、ピトピト、太ももに貼りついてくるのが分かるか?

この手が全部貼りつききったら、一斉に、コチョコチョを指を動かすんだ。

さあ、どんどん手が増えていくぞ。どれだけくすぐったいか……。

心臓がドキドキしているのが、ハッキリと伝わってくるぞ。

さあ、まだまだ手は増えていくぞ。この無数の手が、太ももを埋め尽くした瞬間から、くすぐりが始まるんだ。

くくっ、もう、小さな手が貼りつく刺激だけで、くすぐったそうにしているな?

さあ、そろそろ、これで全部だ。

君の左太ももは、無数の手のアタッチメントに囲まれて、もはや見えなくなっているな。

この状態でくすぐられたら、どうなるかな?

では、いくぞ?

こちょこちょこちょこちょこちょっ!

太ももをビッシリと埋め尽くす手に、一斉にコチョコチョされる気分はどうだ?

こちょこちょこちょ……。

小刻みに動く指が、くすぐったいだろう?

こちょこちょこちょ……。

ワシャワシャと掻きまわすような動きも効くんだ。

わしゃわしゃわしゃ……。こちょこちょこちょ……。

腰がビクビクと跳ねているぞ。

こちょこちょこちょ……。

では、次は、足の裏への攻めだ。

左の足の裏へは……。

そうだな。たっぷりとローションを塗り込んだ後、硬いヘアブラシのアタッチメントで、たくさん擦ってやろう。

まずは、柔らかい刷毛で、たっぷりとローションを塗り込んでいこう。

さわさわさわ……。にゅるにゅるにゅる……。

どんどん、足の裏に、ローションが塗り込まれていく。

指の間にも、たっぷり、ローションを染み込ませてやろう。

にゅるにゅる……。ぺたぺた……。さわさわさわ……。

そろそろ、いい頃合いかな。

足の裏全体に、ぬるぬるのローションが行き渡った。

ローションでぬるぬるの足の裏は、引っかくような強い刺激でも、くすぐったく感じる。

今から出てくるのは、ヘアブラシ型のアタッチメントだ。

この、硬めの歯一本一本が、足の裏をガリガリと引っかいて、とてつもないくすぐったさを生み出す。

たくさん、堪能してくれ。

がりがりがりがりっ!

ブラシが素早く、足の裏全体を往復する。

がりがりがり……。

とてもくすぐったいだろう?

がりがりがり……。

ぬるぬるした足の裏に、ブラシでガリガリ引っ掻く刺激が加わって……。くくっ、耐え難いだろう?

がりがりがり……。

このマシンは疲れ知らずだから、やろうと思えば、いつまでも、足の裏を責め抜くこともできる。

がりがりがり……。

ローションがグチュグチュと泡立つ音が、とてもいやらしいだろう?

がりがりがり……。

よし、これで左半身のくすぐりは終わりだ。疲れただろう? 少し、息を整えるといい。


 
【4:全身くすぐり】
半身ずつのくすぐり試験は終わりだ。ご協力ありがとう。

これから全身くすぐりの試験を行う。

ただくすぐるだけではなく、スピーカーの音に合わせてくすぐられる位置が変わるようになっているんだ。

右側から大きく音が聞こえるときは、右半身のくすぐりのレベルを上げる。

左側から大きく音が聞こえるときは、左半身のくすぐりのレベルを上げる。

音声と連動したくすぐりを、たっぷりと味わってくれ。

(ここからは、くすぐり方もくすぐられる方向もランダムの連続くすぐりをお楽しみください。)

 
【5:エピローグ】
これで、くすぐりマシンの稼働試験はすべて終わりだ。

ご協力ありがとう。いいデータが取れたよ。

くすぐり音声をつけるだけで、ああも反応が良くなるとは……。素晴らしい実験結果だ。

さぁ、君の口からも感想を聞かせてくれ。

今回データを取らせてもらった、心拍数や筋肉の動き、それから、股間の反応……。
それだけでは測れないこともたくさんある。

例えば……、くすぐられたときの気持ちとかね。

そこにあるのは、喜びなのか、悔しさなのか。快感なのか、苦痛なのか。

面白いことに、この気持ちは人それぞれなんだ。

無理やり笑い声を絞り出される苦痛の中に喜びを見出す者もいれば、くすぐりで快感を感じることに羞恥を感じる者もいる。

くすぐられたときの感情の動きを知ることができれば、きっとよりよいくすぐりマシンを作り上げることができるだろう。

だから。この試験を受けてくれた、君の感想が知りたいんだ。

たくさん聞かせてくれよ。でなければ……。もう一度このマシンに入れて、くすぐりながら感想を聞き出すからな♪


購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント