アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 既存作品購入 声優検索 お題でボイス    
 
萌えボイス作成
 

声優名 しづく [声優詳細情報]
価格 2600円 文字数 5988文字
サイズ 25756.8 KB 公開日 2017年10月26日
声のタイプ - ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 1回
タイプ アダルト作品
作品内容
 CA島津花枝の中学時代の情事の目撃体験と、息子の担任の先生を誘惑してのセックス体験。27分29秒」

台詞
島津花枝32歳です。

私は元々セックスに関心が強く、オナニーの際、男の人の勃起したペニスで突かれるのを想像し、パンティのナイロン地を汚してしまったことが何度もあります。

小6の時にはすでに163cmあり、Cカップのブラジャーを着けていました。中3の時、姉の純白のガーターを着け、ガーターから伸びている4本のストラップの留め金が太腿に触れた瞬間しびれるような快感を感じ、ナイロンのパンティの下にガーターのストラップを通した時、性的な興奮を覚えました。そして、肌色のストッキングに脚を通し、ガーターのストラップで吊ったとき、初めて自分が大人の女性になったような淫靡な快感を感じました。それ以来、好きなK君が隣の席だった際に、ストッキングをガーターで吊って登校したことがありましたが、淫らなガーターを着けているという意識とK君にガーターやストッキングを脱がされる、いやらしい空想をしパンティを濡らしていました。

中学以降、新体操をしていたのは、体にぴっちり張り付いて、あでやかな光沢を放つレオタードを着けたいというのも1つの動機でした。ナイロンの光沢を放つ、純白のレオタードは女体のラインがくっきりと浮き出て、しかも下に着けているブラジャーの背中のベルトやホック、ヒップのパンティラインも透け透けでした。でも、ナイロンの美しい光沢に輝く純白のレオタード姿…ブラジャーやパンティのラインがくっきりと見えてしまう恥ずかしいレオタード…を見られたいという淫らな欲望もありました。

当時、新体操部の顧問をしていた朝子先生は33歳、清楚な美しさと見事なプロポーションの持ち主でした。朝子先生の肌にぴったり張り付いたレオタードからは豊かなブラジャーの隆起、背中のブラジャーの2段のホックやブラジャーのベルト、ヒップのパンティがくっきり浮き出て、ブラジャーとパンティ1枚だけでいるかのような妖艶な姿態でした。

ある放課後、更衣室に純白のレオタード姿の朝子先生が入っていくのを見て、私はちょっと気になって様子を覗いたのです。

「すみません…練習中だったのでレオタードのままで…」

中にいた社会のN先生は朝子先生のレオタードから透けているブラジャーやパンティにじっといやらしい視線を注いでいます。

「そんなに見つめられると…恥ずかしいですわ…ブラジャー透けてます?いやだわ…ブラジャーのホックまで透けてます?…」

「あっ*いけないですわ*誰か来たら*****やめて*やめて下さい**ああん**********************」

朝子先生はまばゆい光沢を放つ純白のレオタード姿でK先生と舌と舌をからめるような淫猥なキスをしています。美しい朝子先生の背中のブラジャーのベルトやブラジャーのホックが妖艶なレオタードからくっきりと浮き出てしまい、妖しげな色香を放っています。男の手は朝子先生の胸元からブラジャーの中に侵入し、レオタードやパンティが食い込んでいる女性の亀裂に沿っていやらしい愛撫をしています

「********ああ*こんなところで**********ああん*いけないわ****ダメです*レオタードを脱いだら***ブラジャーと****ブラジャーとパンティだけになってしまいます************************」

レオタードが肩から外され、抜き取られると、朝子先生は純白のブラジャーとパンティ1枚だけという羞恥の姿にされてしまったのです。先生はブラジャー越しに乳房を揉まれ、ぴっちり食い込んだ妖艶なパンティの中心部に愛撫を受けて、パンティの股間をくねくねと揺らして、切なげな吐息を漏らし、淫らな快感で喘ぎながら、同時に片手を男の股間に伸ばし、男性自身をまさぐっているのです。

「い*いけませんわ**ああっ*パンティ**パンティのそこはいやです***********ああ*いや*濡らしてなんか***ああ***ごめんなさい**恥ずかしい**朝子は*パンティを**パンティを濡らしています***ああ*朝子はパンティを濡らしていますわ*********************」

目にしみる純白のブラジャーとパンティ1枚だけの官能的な下着姿で、恥ずかしいバックの姿勢を取らされます。

「ああっ*パンティは**パンティは許して下さい***こんなところで****パンティを脱がさないで***ああっ****いや*いけませんわ***********************」

ナイロンのパンティがはぎ取られ、朝子先生は恥ずかしい女性の花びらやアナルがこちらから丸見えになるぐらい、四つん這いになりお尻を思いきり高く上げさせられています。そして、バックから男性の屹立が女性の花びらの中心を貫いたのです。

「※ああっ***ダメ*そ*そんな******ダメ*ダメです***誰かが来たら**こ*こんなとこ見られたら*ああっ*でも、ううっ*******ああっ***こ*こんな恥ずかしい格好見られたら*****ああっ*でも************************************」

手を口にあてがい、喉もとまで出かかった喘ぎを懸命に押し殺そうとするのですが、ブラジャーは脱がさないで、バックから女性自身を犯している剛棒は容赦なく激しいピストンで貫いてきます。男性自身をヒップに抜き差しする都度にピチャピチャと卑猥な音を立て、もっと深く受け入れようと高くヒップを持ち上げ淫らに腰をくねらせています。

「****ああん******うっ**(ああっ**もう我慢できない**声が出ちゃう)******」

先生は喘ぎ声をあげようとした瞬間、先ほど脱がされたパンティ…愛液で濡れたパンティ…で口を塞がれたのです。ナイロン地のパンティを咥えさせられ、純白のブラジャー1枚だけの姿でヒップの中心部を突かれている…本当に犯されているような淫らな男と女の痴態です。

いつもは優美で理知的な朝子先生が、官能的な純白のブラジャー1枚の姿で、官能の喘ぎを発しながらバックから攻められ、男のいやらしい動きに合わせるように、美しいヒップを円を描くように淫らに振りたてています。

「**ああっ*ひどいですわ**もう狂ってしまいますわ*******ああ*たまらないっ************************************************************************************※」

再びパンティを口から取り出し、顔を後ろに向けて、背後から深く貫かれたままの状態で卑猥に唇と舌を吸い合います。

「**********************************************************************************************************************************************************************************************************」



現在、A航空のCAをしています。夫とは別れ、夫の前妻の息子と一緒に暮らしています。

私は光沢のあるナイロンやシルクが好きで、パンティ、ブラジャー、スリップ、ブラスリップなどのランジェリーやブラウスもほとんどすべすべした生地のものを身に着けています。A航空の制服のブラウスは光沢のある美しいブルーのサテンです。最近、そのブラウスや下着…ブラジャー、スリップ、パンティ、それにガードルやガーターにまでオナニーした形跡が残っているのです。特に、黒のスリップやパンティが洗濯籠にあると決まって精液で汚されているのです。

担任の家庭訪問の日。素敵な先生ということもあり、大人の色香を放つ、薄いブルーのサテンのブラウスを着ました。生地が本当に薄い透け透けなブラウスなので、純白のスリップを着けてはいるのですが、ブラジャーの背中のベルトやストラップ、それにブラジャーの2段のホックまでが浮き出て見えてしまっています。さらに、上品なタイトスカートからは、極薄のストッキングを吊っているガーターベルトのストラップやホック、それにパンティまでもが妖しく透けています。

「ブラウス素敵ですか?先生が見えられるのでお洒落したんです…あらっ、スリップが透けてます?…ブラジャーが透けないようにスリップを着けているんですけど…御免なさい、先生の前でスリップの話なんかして…」

そう言いながら、先生の真横にぴったり密着し、ピンクのマニュキュアをした細い指先で何気なくボディタッチしたのです。甘いコロンの香りやスリップ姿でいるかのような煽情的な服装に先生は動揺しているようです。

「実は、恥ずかしいんですけど…最近、息子が私の下着で…ブラジャーやスリップです…それに…パンティもなんですけど…オ、オナニーを…ああ、恥ずかしい…オナニーをしているようで、スリップやパンティが汚れているんです」

そう言って、精液で汚れた黒のスリップと黒いパンティを持ってきて見せたのです。

「スリップとパンティのここに…嫌だわ、こんな汚れたスリップやパンティを…えっ、スリップですか?黒い洋服を着る時は必ず黒いスリップを着けますわ、ええ、もちろんブラジャーも…パンティも黒のパンティを履いていますわ…えっ、ガーター着けてるのわかります?…やだ、恥ずかしいですわ」

私はスカートとスリップを持ち上げて、純白のパンティの下から伸びているガーターの4本のストラップで極薄のストッキングを吊りあげている優美な脚線と太腿を色っぽく露わにしたのです。

そして、先生に真っ赤な唇を近づけ、片手を先生の内腿から股間に滑らせ、豊かなブラジャーの隆起を押し付けていったのです。ぴったりと唇を合わせ、お互い情熱的に舌を吸い合います。いつの間にか、ブラウスとスカートを脱がされ、妖艶な純白のスリップ1枚にされました。左手でスリップの上から背中のブラジャーのホックの辺りを撫でながら、右手をブラジャーの中に滑り込ませてきます。

「ああん**先生**ブラジャーは***ブラジャーの中はいけませんわ**ああん**ここ*こんなに硬いわ****ああっ*先生とこんなことして*いけないですわ*******************************」

首筋や耳などにキスの雨を降らせ、舌で舐めあげながら、純白のスリップの肩紐を滑り落とそうとします。

「*************ああっ***待って*スリップを**スリップを脱ぎますわ」

私はスリップのストラップを外すと、なよやかなスリップを足元に滑り落とし、上半身は純白のブラジャー1枚の姿、そして、腰部にぴっちり食い込んだ純白のパンティ、そして純白のガーターのストラップでストッキングを吊るという官能的なランジェリーとなったのです。

妖艶なブラジャーとパンティ姿のまま、四つん這いになり、お尻を恥ずかしいほどに高く持ち上げられる姿勢を取らされます。そして、先生は太腿の裏側や純白のパンティが食い込んだパンティラインに沿って優しく舐めあげたり、パンティの薄いナイロン越しに女性の花びらを舌でぺろぺろと愛撫します。光沢を放つ純白のパンティのクロッチには淫らな愛液がくっきり滲んでいます。

「****そ*そんな*パンティを濡らしてなんかいませんわ******意地悪******ああ**パンティを**ああ*パンティを*濡らしています****パンティを濡らしています**花枝はパンティを濡らしていますわ******ああん***恥ずかしいですわ*****************」

さらに、悩ましいナイロンパンティを女性自身に食い込ませられると、もどかしい快感でパンティが食い込んだ腰部をくねくねさせ、自分でも恥ずかしい淫らな喘ぎを漏らしてしまいます。

「ああっ****************ああっ*そ*そんな*恥ずかしいことを***ああ*わ*わかりました*言いますわ****花枝のお*お*おまんこに**恥ずかしい*食い込んでいるのは**パ*パンティ*パンティ***ああっ*花枝のパンティです**花枝のパンティです**パンティ**パンティ**パンティ**パンティ*****ああっ*おまんこに食い込んでいるのは花枝のパンティ**花枝のパンティですわ*****」

さらに、先生は背後から純白のブラジャーのカップを手の平ですっぽり包み、ブラジャーのベルトが伸びている背中のきわどい性感帯を舐めあげていきます。脇から背中にかけてのブラジャーのベルト、背中の2段のホックを観察しながら、ゆっくりとブラジャーのホックに手をかけます。

「ああん****ダメ***ブラジャーは***」

ブラジャーを脱がされると、脇から背中にかけて、白い素肌にブラジャーのベルトやストラップの赤い痕跡がくっきりと残ってしまいます。

そして、彼はパンティをずらして女性の花びらやアナルを露わにすると、脱がせたブラジャーのカップをアナルに押し込んだのです。アナルがブラジャーのざらざらしたレースでこすられる快感でしびれてしまいます。

「そ*そんな**ああ******ああ**言います**ブラジャーです**ブラジャー*ブラジャー*ブラジャー****花枝のブラジャー**花枝のブラジャーです***」

「えっ*意地悪*はい**花枝のブラジャーでこすっているのは**ア*ナ*ル**アナル***ああ*花枝の恥ずかしいアナル**花枝の恥ずかしいアナルですわ******ああ*花枝のブラジャーで恥ずかしいアナルにいやらしいことをして下さい****」

ついに、腰部からパンティを完全に剥ぎ取られると、そそり立った男性自身が淫らな女性の花びらを貫きます。

「ああっ*****硬い*******ああん******************ああっ*いけないわ*いけないですわ********」

腰に巻いた純白のガーターのストラップで吊っているストッキングだけという官能的な姿態で、背後から獣のような格好で、女性自身を男性でそそり立った屹立で突かれ、淫らに激しく腰を振り、はしたないほど卑猥な喘ぎを漏らしてしまいます。

「ああっ****************************************************************************************************************************************************************************************************************************」



購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント