アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 既存作品購入 声優検索 お題でボイス    
 
萌えボイス作成
 

声優名 しづく [声優詳細情報]
価格 950円 文字数 1772文字
サイズ 8594.7 KB 公開日 2014年12月22日
声のタイプ しづくからのメッセージ ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 4回
タイプ アダルト作品
作品内容
 女性失踪事件のナゾに迫るためにバンドに潜入し、ステージで辱めを受けながらも任務を全うする囮捜査官。作品の一部を、http://blog.livedoor.jp/shidzuku/ からお聴きいただけます。9分10秒

台詞
今回の依頼、それはあるバンドに接触すること
ファンが行方不明になるって噂のある曰く付きのバンドだ
露出のNGなし、という条件でダンサーとしてうまく潜り込んだのだけれど
レザーのブラとパンティ、そしてキャットスーツを着るように命じられ、開演直前のステージに連れ出されたの
革の首輪を嵌められ、中央に置かれた十字架に鎖で繋がれたわ


ちょっと、ここ舞台の上じゃない
こんな所に縛り付けて、私を晒し者にしようっていうの?
えっ、その上目隠し!?


初めてなのにこんな事をするなんてどうかしてるわ

あ、そうか
私が本物のショーダンサーかどうか試そうっていうのね


…ふっ…いいわ
NGなしって条件だものね、好きなように拘束して


私を取り巻く空気がドロリと歪む
より荒々しくなったローディ達が
首を両手を、十字架に固定していく
もう逃げられない

ふいにジッパーを引き下げられると、ブラとパンティの中に異物が差し込まれた
乳首に吸い付くようなパッド
そしてパンティの中にスティック状の…

ああ、バイブ!

見えなくても分かる
レザーのインナーを着けさせたのはこの為ね
どれほど身を捩っても淫具が外れないように

ふふっ…リーダー
イケメンの割に…はぅっ
容赦、ないのね

ステージには妥協しない主義でね
奴はそういいながらジッパーを引き上げ
全身を細い鎖で締め上げていく

Dカップの胸を絞りあげ
腰から足の間に通した鎖が背中から首枷に繋げられる

ぐあっ!
ね、待って!こんなにギチギチじゃ…

そうそう、とリーダーが耳元で囁く
このバイブとレザーには強力なメンソールと媚薬が塗ってあるんだ
汗をかいたら溶け出してちょっと大変かもしれないぜw

思わず叫ぼうとした口にボールギャグが詰め込まれ、その上からレザーのマスクで覆われた


大音響と歓声が響くと同時に仕込まれたバイブが暴れだした
観客に見られながら機械に嬲られ犯されるの
羞恥とライトの為に吹き出す汗は淫薬の溶剤になり
身悶える動作は鎖を軋ませクリトリスを、刺激したわ

(喘ぎ声、約1分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2時間近くも苛まれ半ば気絶しかけた時、ライブは終わった
ステージから下ろされメンバーの車に連れ込まれたの
逝かされ過ぎた体は浅ましい痙攣が止まらない

あ、くっ、んんっかはっ、あああああ!
このままじゃ、ん、もたない
お、かしく、なる前に、女の子の居所を、あぁ、突き止めないと
こうなったらイチかバチか、賭に、でるか…

ねぇ、わ、私もうダメ、気が、狂いそうなの
抱いて!私をこのまま奴隷にして!


お前も奴隷に加わりたいってのか?ならテストだ
何をどこに突っ込んでほしいんだ?
リーダーは笑いながら髪を掴みむと冷酷に告げた

加わる、と言った
やっぱり…

お願い私のオ、オマンコを、貴方の、貴方のオチンポ、で突いて、下さい
乳首やオマンコに、薬が染みて、熱いの
オチンポはめてくれるなら、何でも、何でもする、から
淫乱マンコも、アナルも皆さんのオチンポで責めて下さい!
皆さんのオチンポを、着くまでフェラしますから!
私の口マンコを、イラマチオして!
口マンコを好きなだけ、お、犯して下さい!!

(イラマチオ、セックスの喘ぎ声、
 「もっと下さい」「深いです」「気持ちいいです」という台詞を挟んで約1分20秒)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目隠しを外される
隠れ家は郊外にある大きなスタジオだった
防音のサロンではまさにソドムの市さながらのパーティーが始まっていた
見知った芸能人もちらりほらり…

私はザーメンまみれのまま、発信器になっている胸のペンダントにそっと呟く
任務完了、不明女性を確認。踏み込んで。大漁よ
遠くで扉を吹き飛ばす音が響いてきた


購入者からの評価
評価値 10 ポイント
購入者のコメント