アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 既存作品購入 声優検索 お題でボイス    
 
萌えボイス作成
 

声優名 しづく [声優詳細情報]
価格 1700円 文字数 7641文字
サイズ 46983.7 KB 公開日 2014年11月23日
声のタイプ - ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 5回
タイプ アダルト作品
作品内容
 自分のテリトリーに迷い込んだ少年を捕え、精液と血を吸い付くし、命を奪うバンパイア。作品の一部を、http://blog.livedoor.jp/shidzuku/ からお聴きいただけます。 50分7秒

台詞
クンクン…はぁ…匂うわ…幼いオチンチンの香り…
汚らわしい人間のメス共のおまんこで…まだ汚されていない、可愛いおちんちんの香りがするわ…
ふふふ…おいしそう…

さぁ…どこにいるのかしら…坊や…隠れてもムダよ…出てらっしゃい…
隠れん坊の積もりなのかしら…いいわよ…ふふふ…
その代わり…覚悟しなさいね…見つかったら、ひどいから…ふふふ

どこにいるのかな? ふふふ…こっちのようね…どこにいるの?
ここかしら…あら?いない…な〜んてね…ふふふ…見・つ・け・た…

こんばんは…坊や…こんな時間に…何をしてるの?
ダメじゃない…こんな遅くに…ふふふ…悪い大人にさらわれちゃうわよ…
ふふふふ…坊やみたいに可愛い子なら…さらうのは人間だけじゃないかもね…

どうしたの?ブルブル震えちゃって…私が怖いの?怖くないわよ…
ねぇ…お姉さんと遊ばない?とっても気持ちいいこと…してあげるわよ
ふふふ…大丈夫よ…優しくしてあげるから…

あらあら…そんなに後ずさりして…クスクス…バカね…もう逃げられないのに…
えっ…化け物?…どうしてそう思うの?…そう…この瞳の色?
もっとよく見て…そう…もっと見て…私の瞳…何色に見えるかしら?…そう…金色の瞳よ…
その金色の瞳の中に…何が映っているのかしら…そう…ブルブルと震えている坊や…
可愛くて…おいしそうな坊やがいるわ…
ん〜もっと近くで見せてあげる…そう…息がかかる位…どう?
ふふふ…可愛いお口ね…坊やは女の人とキスしたことあるの?
そう…ないの…じゃあ…坊やの初めて…全て奪ってあげる…お姉さんが…ふふふ

キスしてあげるわ…(キスの擬音を入れてください)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ふふ…おいしいわよ…坊やのお口…坊やはどう?あらあら…目がトロンとなって…
気持ちいいの?可愛いわね…坊や

チュッ、チュッ、チュ(キスの擬音です)そう…いい子ね…坊やはお姉さんが好き…
お姉さんも…坊やが好きよ…そう…ねぇ…お姉さんのお願い、聞いてくれるかしら?
お姉さんの言う事なら…何でも聞いてくれるわよね?…

そう…聞いてくれるの…ありがとう…チュッ(キスの擬音を入れてください)
お姉さんね…坊やがとっても好きなの…坊やを食べたいの…
坊やもお姉さんに食べてほしいわよね…
坊やは…お姉さんに食べられてしまうの…そうよ…坊やはお姉さんの極上の獲物…餌よ…

なに?そんなにイヤイヤ首ふって…ううん…嫌じゃないでしょ?食べて欲しいんでしょ?
強情な子ね…ほら…口を開けなさい…ほら…もっと…もっとよ…そう…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(深く貪るようなディープキスの擬音を入れてください)

ほら?どう?気持ちいいでしょ?ふふふふ…お姉さんに食べられると、もっと気持ちいいのよ…
ほら…もっとしてあげる…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(深く貪るようなディープキスの擬音を入れてください)

はぁ〜どう?ふふふ…食べてほしいわよね、坊や…
お姉さんに食べられたいのよね…ふふふ…
分かってるのよ…お返事は?
そう…ん〜ふふふ…分かったわ…じゃあ…食べてあげる…ふふ

教えてあげる…そう…私はね…バンパイア…ふふふふ…
闇に紛れて幼い男の子を食らうの…
バンパイアにとってはね…汚い人間の女に汚されていない、可愛いオチンチンは極上の餌…

さぁ…食べてあげる…大丈夫よ…肉を噛みちぎったりなんて、ひどいことしないから…
坊やに…とっても気持ちのいいこと…してあげる…
その代わり…ふふふ…坊やがとっても気持ちよくなったら…坊やはお姉さんのもの…
心配しなくてもいいわよ…痛くないように…坊やが気持ちよくなっている時に吸ってあげるから…
そう…痛いのは牙が首に食い込む一瞬だけ…ふふふふ

じゃあ…服を脱ぎなさい…そう…パンツもよ…ふふふ…おいしそうなオチンチンね…
ねぇ?…フェラチオって知ってる?フェ・ラ・チ・オ…よ
お姉さんのお口でね…坊やのおちんちん…舐めちゃうのよ…どんな感じがするか解る?
ふふ…じゃあ…教えてあげる…
ふふふ…あぁ…小さくて可愛いおちんちんね…皮もかぶっちゃって…
クンクン…あぁ…おしっこの匂いがするわよ…ふふふ…じゃあ…舐めるわよ…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

どう?くすぐったい?ふふふ…もっと気持ちよくしてあげる…
お姉さんのお口の中…もっと気持ちいいのよ…咥えてあげるわ…オチンチン…
ふふふ…いらっしゃい…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

ふふふ…大きくなってきた…だんだん大きくなってるよ…お姉さんで興奮してくれてるの…
ああ…お姉さんのお口の中で大きくなってきたわ…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

ああ…童貞って美味しいのよね…ふふふ…あらあら…こんなに我慢汁あふれさせて…チュッ
でも…まだダメよ…出したら…んふふ…おいしそうに勃たせちゃって…
まだよ…あんまり早く出しちゃったら噛みちぎるわよ…フフフ…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

あらあら…そんなに気持ちいいの?…泣いちゃって…
いいのよ…もっと泣いていいのよ?…ふふふ…誰にも聞こえないから…
ふふふ…いいお顔ね…涙とヨダレでぐしゃぐしゃになっちゃって…可愛いお顔が台無しよ…
恥ずかしがらないで…もっと感じたお顔…お姉さんに見せなさい…ふふふ
ほらぁ…まだ出したらダメよ…ふふふ…もっと奥まで…咥えてあげる…

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

どう?こんな深くまでオチンチン呑み込まれてるわよ…
オチンチン…どう?気持ちいい?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(フェラチオの擬音を入れてください)

ん〜ふふふ…口の中に先走りが出てるわよ…おちんちんビクビクして…いきそう?
おかしくなる?なんかムズムズするの?ふふふ…こんなに腰を痙攣させて…

出るの?…ふふふ…いいわよ…そのままお姉さんのお口に出しなさい…
飲んであげるから…ほらっ…出しなさいっ…
ふぅん!…ン…ン…ン…ン…ごくっ…ごくっ…ごくっごくっ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(精液を嚥下する擬音を少し長めにお願いします)


ああ…坊やの初めての精液…とってもおいしいわ…
人間のメスに汚されていない初絞りのザーメン…はぁ〜たまらないわ…
こんなにおいしいなんて…坊やは特別ね…今までで一番おいしかったわよ
ふふふ…私の中で…子宮で味わったら、どうなるのかしら?楽しみだわ…ふふふ

ふふふ…坊や…いっぱい出したね…お姉さんのお口、どうだった?とっても良かったでしょ…
ふふふ…出したのは初めて?…そう…ふふふ…オシッコじゃないわよ…
それはね…動物が、子供を作る時に出す物よ…
人間もね、大人になって交尾する時に出すの…
でも…ふふふふ…坊やには、もう必要ないんだけどね…


あら…可愛いお顔が涙で台無しね…そんなに気持ちよかったの?

泣いてても…ここ…ふふふふ…まだおちんちん硬いわね…

さぁ…交尾しようね…お姉さんと…
何驚いているの?これからよ…もっと気持ち良くなるのは…
大丈夫よ…怖い事なんて何もないから…大人はみんなしていることよ…
坊やがおちんちんをね…お姉さんの…ここ…見えるかしら?…お姉さんのおまんこ…
おちんちんをね…この膣の中に入れて…ぴゅっぴゅっ、って、出すだけだから…

どこに行くのかしら?ほら…もう後ろは壁よ…バカね…結界が張ってあるのに
ふふふふ…無理よ…もう逃げられないの…坊やは…お姉さんに見初められたから…ふふふ

どうしたの?…そんなに怯えた顔して…快感が強すぎて暗示が解けたのね
いいわ…怯える坊やを思い切り犯すのもいいかもね…ふふふ…

ほら…逃げなさい…捕まると…ほら…ほら…犯すわよ…ふふふ
逃げないの?ほらほら…逃げないとお姉さんに犯されるわよ…ふふふふ
ほら…手加減しないわよ…捕まえたら…犯し抜いてあげるわ、おちんちんが千切れる位ね…

そっちでいいの?そのドアは開かないわよ…ふふふ…行き止まりね…どうするのかしら?
もうおしまい?そう…

ふふふふ…そんなにお姉さんに犯されたいの?おちんちん、犯してほしいの?
いいわ、犯してあげる…お姉さんが…とろとろのおまんこでね…ふふふっ

ふふふ…仔犬みたいな目で怯えちゃって…ほんとに可愛いわね
お姉さん、そういう目で見つめられるとゾクゾクするわ…
さっき言ったでしょ…食べてあげるって…クスクス
可愛い…その怯えた顔…ほら…横になって…上に乗ってあげるから…

いい子ね…坊や…どう?お姉さんを見て…そう…そうよ…私の瞳…吸い込まれそうな瞳…
そう…そうよ…ふふふ…震えちゃって…かわいい坊や…
好きよ…とっても…ああ…お姉さん…もう我慢できないわ…

ふふふふ…お姉さんの下のお口で…坊やのオチンチン…食べてあげる…
お姉さん、食べたいの…お姉さんのおまんこで…坊やのオチンチン…
坊やのオチンチン…どんな味がするのかしら?ふふふ…

分かる?お姉さんの下のお口…この奥…ほら…ここ…どう?お姉さんのおまんこ…
ここがね…坊やのおちんちんを食べちゃうのよ
んふ…お姉さんの…ほら…このトロトロの中に入れてみたいんでしょ?
とっても気持ちいいのよ…この中…お姉さんの膣…

お姉さんやめて…か、ふふふ…いいわねぇ…そのセリフ、とっても可愛いわよ…
もっと言って…ふふふ…とっても楽しいわ…
可哀想な坊や…魔物に魅入られたばっかりに…
でも…坊やがいけないのよ…そんなにかわいいから…

フフフ…だめよ…や・め・て・あ・げ・な・い…ふふふ…
もう逃れ(のがれ)られないのよ、坊やは…

さぁ…私の中で坊やの精液、搾り取ってあげる…

ふふふ…ほら…食べちゃうわよ、んん…坊やのおいしそうに勃っちゃったおちんちん…
さぁ…いらっしゃい…お姉さんの中に…
ん…ん…ぁ…おちんちんの先…入っちゃうよ?お姉さんの中に…ほら
ほら…ほら…あっ…入ったわ…おちんちんの先…
どう?分かる?んふふふ?…可愛いったら…
ふふふ…すごく硬いわ…坊やのおちんちん…硬くて熱いわよ…坊や
こら…逃げちゃダメよ…全部入れてあげる…私の中に…

ふふふ…さぁ…もっと奥まで入れてあげる…おちんちん、全部入れてあげるわね
ん……んん……入ってくる…おちんちん…お姉さんの中に…

んん…んん……はあーっ…
ふふふ…ほぅら…ぜーんぶ食べちゃった…ンフフ
どう?わかる?お姉さんの中…気持ちいい?

おかしくなるって?いいのよ…もっとおかしくしてあげる…
ふふふ…狂いなさい…お姉さんのおまんこで…ほら…ほらっ…ふふふふっ…
そうよ…犯してるの…お姉さんが坊やをね…ンフフフ
ほぅら…よく見て?…坊やのおちんちん、お姉さんの中に入ってるね…
泣いてる…泣いてるの?坊や…
ふふふ…おちんちん、お姉さんの中に入っちゃうとね…男の子はみんな泣いちゃうのよ…

ああ…いい声ね…男の子が可愛い声で泣くの…感じちゃうわ
もっと泣かせてあげるわ…どう?…
ほうらァ…お姉さんが掻き回してあげる…耐えられるかしら?ンフフ
おまんこでオチンチン咥えて…ほら…腰、振ってあげる…どう?気持ちいい?どう?ふふふ…

ああ…オチンチン…中でだんだん大きくなってきた…フフフ…

そんな全身引きつらせちゃって…フフフ…どう?我慢できないの?ん?
こうされると…もう我慢できないでしょ?…ねぇ?気持ちいい?

ほら?…どうかしら?…お姉さんの膣が坊やのおちんちんを締めてるよ…

いきそう?もう出る?ふふふ…いいのかしら?…
お姉さんの中で出しちゃうと、坊やはお姉さんのものになるのよ?いいの?

ふふふ…さっき出したばかりなのに…もうダメみたいね…
ほら…ほら…いくときのお顔、、ちゃんとお姉さんに見せなさい
ビクビクさせちゃって…可愛いわ…ンフフ
ほら…いきなさい…ほら…ほらっ…

ン、アッ…アン…あっ、ああ…出てる…出てるわ…熱い…
ああ…坊やの精液が…私の中でドクドク出てる…

ああ…坊やの精液が私の中に入ってくるわ…おいしい…

見て…ああ…ビクビク痙攣させながら中にお漏らしして…ンフフ
ふふふ…すごいわね…2回目なのにまだ出てる…あん…まぁだ出てるよ…お姉さんの中に…


じゃあ…また動くわよ…ほら…ほら…
ふふふ?…どうしたの?まだよ…交尾なんだから…フフフ…
坊やの子供、孕んであげるから…ほら…
ん〜ふふふ…だめよ…休ませてあげない…
ほら…頑張りなさい…おちんちん、もっと硬くするのよ

さぁ…体を起こして…お姉さんに抱きつくのよ…そう…来るのよ…
そう…ほら…腰、押しつけてあげるから…あっ
んっ…あっ…来る…奥に…はぁっ

あはっ、すごい…だいぶ大きくなってきたわよ…もうちょっとで届くから…ん…頑張るのよ…
ほら…ほら…来て…私の奥に…もう少し…もう少し奥よ…
ん…ほら…いらっしゃい…私の奥に…
あん…おちんちん締めて、剥いてあげる…どう?きついでしょ…
締め付けたまま、腰を回して…ほら…奥に入っていくわよ…

んくっ、あっ……今、ちょっとだけ奥まで来た…もうちょっと……っ
ほら…もっと奥まで…奥まで入って来て…
ほら…んっ…はあっ……ああ……深い…
ふふふ…届いたわ…オチンチンの先、私の子宮口(しきゅうこう)に…

ふふふ…よく頑張ったわね…坊や…ああ…
わかる?今、坊やのオチンチンがね…お姉さんの子宮をツンツンしてるのよ…

ふふふ…剥けたわね…分かるかしら?おちんちんの皮が剥けたのよ…ふふふふ
おちんちん、ジンジンするの…そう…良かったわね…
ふふふ…剥けたばかりの亀頭…お姉さんのヌルヌルのひだでしゃぶってあげる…

ふふふ…可愛いわね…坊やのほうけたお顔…気持ちよさそうね…
中に入れてるだけでも気持ちいいでしょ…で・も…ふふふ

じゃあ…そろそろ行くわね…ええ?終わりだと思ったの?
ふふふ…バカね…言ったじゃない…坊やの子供…孕んであげるって…
私がイクまで、容赦しないから…ふふふ…お姉さんも楽しませて…ねぇ…ほら…ほら
んっ、ふっ、あっ……いいわ…おちんちんが…子宮に当たる……んぅっ
はぁ、んっ、来てる…坊やのオチンチンが…私の子宮に食い込んでる…

お姉さんの子宮で…坊やのオチンチン…咥えてあげる…
ほら…ほら…どう?あっ…来た…子宮に…おちんちん
あっ、ふ、あ……私もいい……んぅっ

気持ちいいわね…坊や…お姉さんが抱きしめてあげるから…
もっといっぱい気持ちよくなりなさい…
お姉さんがずっと子宮でくわえてあげるから…おちんちん…

いいわよ…お姉さんの子宮で坊やの精液…搾り取ってあげる…
中でだしていいのよ…お姉さんの子宮の中に…
来て…私の中に…

ああ〜っ…中で大きく膨らんでる…ふふふ…逝きそう?
中に出してっ…私の中にタップリ注いでっ…

はあっ…出てるわ…奥でドクドクしてる…ん〜うふふ…熱いのが出てるわよ…
ああ、熱い精液…子宮の中に注ぎ込まれてる…
坊やの精液…お姉さんの膣内に出てる…すごく熱い…

ふふふ…ほら…もっとお姉さんの中に出すの…そうよ…もっと出すのよ…

あああ…あ…

ふふふ…お姉さんの子宮、坊やの精液でタプンタプンよ…
いけない子ね、坊やは…こんなに私の中に出すなんて…いやらしい子…ふふふ

どう?私の中は…どうだった?初めての膣内射精は…
ふふふふ…坊やにとっては…最後の膣内射精なんだけどね

坊や…坊やのきれいなお顔、もっとお姉さんに見せて…好きよ…
細くてきれいな首筋…キスしてあげる…ちゅっ…ふふふ…
おいしかったわ…坊やのおちんちん…幼い精液もね…ふふふ

何を探しているのかしら?助けを求めているの?ふふふ…もう手遅れよ

バンパイアに無理矢理犯され、跨がられて…きつくて熱い膣に精を絞り取られ…
もう力も出ないわよね…でも…まだ逃げようとするの…そう

ふふふ…じゃあ…もっと私の奥深くでとらえてあげる…ほらほら…入るよ、奥に入っちゃうよ…
ほぅら…おちんちん、子宮に刺さった…入ったわよ、子宮の中に…
どう?…これでも逃げられるかしら…クスクス

ほら…坊やの手…そっちじゃないでしょ…ほら…お姉さんの腰に手を回して…
ほら…もっと強く抱いて…ほら…ふふふ…お姉さんが絡めとってあげる…
どう?蜘蛛が獲物を捕らえたように…お姉さんの手と脚が坊やを締めてるわよ…
ふふふふ…そう…坊やはね…蜘蛛の巣にかかった哀れな獲物…

ん〜ふふふ…怯えなさい…もっと…いいわよ…快楽と恐怖に呑み込まれる坊やの、その顔…

ペチョ、ペチョ(首筋を舐める擬音です) そろそろかしら?もうお姉さんも我慢の限界…

さぁ…頂くわね…坊やの…命…
(首筋を噛まれます)
ふふふ…おいしいわ…坊やの命…とても…
ふふふふ…また私の中で射精してる…
女の中に射精しながら血を吸われるのはどんな感じかしら?
ああ…どくどく出てるわ、坊やの最後の精液…私の膣の中に…
こんなにビクビクして…気持ちいいの?
そう…なら…もっと出しなさい…そう…もっとよ…坊やの生きていた証を…出して…私の中に

ああ…坊やの精気が…私の中にいっぱい入ってくるわ…
ああ…坊やの熱い血がおいしい…とてもおいしいの…ねぇ…もっとちょうだい…

ふふふ…私に魅入られたばかりに…ゴメンね…坊や…魔物と交尾した男はね…
与えられた快感を忘れられずに…いずれ気が狂ってしまうの…
坊やはまだ幼いから、何も分からないまま死ぬ程の苦しみを味わうことになるわ…
他の男なら狂い死んでも何とも思わないけど…
坊やみたいな可愛い子が苦しむなら…お姉さんがこの手で天国に送ってあげる…

坊やは私の中で永遠に生き続けるのよ…私の血となってね…
そして…ほら…ここ…分かるかしら?…私のお腹…ふふふ…こんなにぽっこりと膨らんで…
ふふ…いけない子ね…私の子宮の中までおちんちんを入れてしまうなんて…
こんなにいっぱい私の中に射精して…ふふふ
ふふふ…子宮の中もいっぱいよ…坊やの精液で…

ふふふ…お姉さんのお腹の中に…坊やとお姉さんの子がいるのよ…
そうね…幼い坊やには難しいことはよく分からないわよね…

ああ…おいしい…おいしいわ…人間のメスに汚されていない血と精液…
ねぇ…もっと…もっと欲しい…もっと吸わせて…もっと…出して

ああ…坊やの力が抜けて…もうすぐ逝ってしまうのね…
坊やの体が…だんだん冷たくなっていくわ…
あああ〜まだよ…もう少し…新鮮な精液、子宮に出して…お願い…子宮に味わわせて

ふふふ…とっても美味しかったわよ、ご馳走さま…
さあ…坊や…ゆっくりと眠りなさい…おやすみ…ちゅっ(キスの音です)


購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント