アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 既存作品購入 声優検索 お題でボイス    
 
萌えボイス作成
 

声優名 野上 菜月 [声優詳細情報]
価格 700円 文字数 6746文字
サイズ 64360.7 KB 公開日 2014年8月27日
声のタイプ - ファイル形式 mp3
売れ行き
 この作品の販売回数 : 10回
タイプ アダルト作品
作品内容
 脚に触られるだけでイッてしまうAと、女の子の痴態を見るだけでイッてしまうB。ある時二人はお互いの性癖に気付き……。イキッぱなしの少女たちをご堪能ください><

台詞
B ねぇ、さっきから何のゲームしてんの?

A んー? パズルゲームしてるー。あの…ぁ、イクイクっ…ん…ふぅ…

B ん? あの、なに?

A いやいや、何でもないよ…脚がしびれただけ

B ふーん。…ねぇ、この漫画、借りて帰っていい?

A いいよー。……よい、しょっ…と…あー、やば、イク、イクイクイク――!

B …さっきからブツブツ何言ってんの?

A …だから、なんでもないって……しびれたから座り方変えただけ。そしたら脚がジンジンしただけ

B ふーん…フフッ…触っていい?

A だ、ダメ! ぜったいダメ!

B な…なんでそんなに必死なのよ。大声だすなって言ったのアンタでしょ? 壁薄いからって

A そうだけど…絶対触っちゃダメ

B わかったわかった



A ねぇ、ジュースとって

B は? 近くなんだから自分で動きなよ

A ちょっと今手が離せない

B ホント、ゲーム好きね…はい、どうぞ――あ

A ひゃあっ!

B ご、ごめん、こぼしちゃった。ティッシュどこ?

A そっち…もう、冷た…ぁ、ぁ、ィく、イクイク――くぅ――…っ!

B あーあ、脚もカーペットもグショグショ。ごめんね、すぐ拭くから

A え? い、いいよ、自分でやるから…って、ちょ、ちょっと――んっ!

B ほら、ニーハイ脱いで

A あ、ちょ、ダメ、脚触らないで、あっあっあっあっダメダメ、あっイク、イクイク、イクイクイク、イぐぅぅぅ!!

B え? え、なに、イク?

A は、はぁ…はぁ…はぁっ……うー、ダメって言ったのに

B イクって、え? それって、絶頂的なイク?

A もう…うるさい

B 何何? もしかして、脚で感じちゃうわけ?

A うーるーさーい!

B だからアンタの方がうるさいって…でもさ、拭くのは拭かなきゃでしょ

A 自分でするからいいって

B 自分ですれば感じないの?

A …あっち行ってて

B あー感じるんだ。……その格好、ぺたんって座ってさ、ニーハイ片方しかはいてない格好、そそるね

A そそる?

B アンタの脚のこと知っちゃったからアタシも言っちゃうけど…アタシ、女の子のイってる姿とか声とか、大好物なんだ

A え…

B そんで、女の子の脚も大好き。アンタいっつも脚出してるから、目に毒なんだよね

A えぇ…

B そういうの見たり聞いたりしてると、そんだけでアタシもイっちゃうんだ

A え? 触ったりしなくて?

B そ、見てるだけ、聞いてるだけで、ゾクゾクして、ビクンビクンして、イっちゃって、潮まで吹いちゃう

A 嘘

B ホントだって。それに、アンタの脚の敏感さだって十分おかしいって。

A …変なの

B アンタが言う?

A …私も変だよね。脚に布とかが擦れたり、今みたいに水とかかかったりするだけで、イクほど感じちゃうんだ

B だから、いっつもミニスカでニーハイとかなんだ。アンタの性格的に、意外だなとは思ってたけど

A そう…

B じゃあ、お風呂とかイキっぱなしなんじゃない?

A …うん

B さっき足がしびれたって言ってたの、あれも実はずっとイってた?

A ……うん

B あぁ…もう我慢出来ない。アンタ、ちょっとそこのベッド座って

A え? ベッド? 何で

B いいから――違う、さっきと同じ座り方! ぺたんって奴!

A うー、顔怖いって…

B 早くしないと、こうだぞ!

A あっ、あ、あ、あ、ダメダメダメダメ、イクって、イク、イクから、イクからぁイぐぅ、イク、イクイク、イ、ぁ、イぐぅ――…!

B 脚さわさわしただけで、そんなんなっちゃうんだぁ……あぁ、アタシもアソコ熱くなってきた

A はぁっ…はぁ…ハァ…ッ、す、すわ、座るから…やめて…。こ、こう…?

B そうそれ……隣座るね

A 何? 何する気?

B アンタばっかり気持ちよくなってズルいから、アタシも気持ちよくして

A はぁ?

B 言ったでしょ、アタシの性癖。見せてよ、アンタがよがってるとこ

A い、いやよ…

B って言っても、こうやって触っちゃえば…

A あ、ダメっ、脚、脚、ダメだって、あ、イク、イッちゃうイッちゃう、脚イク、イクイク、イクイクイクぅ――ぅあっ、はぁっ!

B ハァッ、最高…ぁ、あ…ふぅ……あ、アタシも、今のでちょいイキそうになっちゃった。いいイキっぷりだね

A やめてよぉ……も、もう、もうっ、あっ、あっ、あっ、あっあっあっあっ、ダメダメダメダメぃくイクイクイク、イぐイぐ、い、ぐぅ!

B ああ、良い、良いよっ。内股でよがって、涎までたらしちゃって…

B …うぅ、もうダメ、アタシも――ぃ、ぃ、イク、イクイクっ…あーヤバ、マジイキじゃんこれ……ぃ、イク、イクイク、イクイクイク!

A はぁっ、は、はぁっ……い、いま…ほんとにイッたの?

B くぅ――…ぁ、あ、はぁっ、う、うん…アタシも、イッちゃった、あ、あはっ…

A …かわいい

B え…?

A 貴女の気持ち、ちょっとわかったかも

B な、何がよ…

A …いいよ、私もたくさんイってあげるから、その代わり、貴女も一緒にイって?

B な、何してるの?

A こう、やって…閉じた太ももの間に、合わせた両手、を、出し入れすると…

B 気持ちいいの?

A うん…これ、私のオナニー

B 何それ、変…。変だけど…アンタの顔、すごいエロい…

A あぁ…もうイキそう…。さっきから何度もイカされてるから、すごい敏感で……あ、あ、イク、イクイクっ…

B うー、すごいオカズ見つけちゃったよ…。ね、ねぇ、下全部脱いでもいい? もうぐしょぐしょで…

A い、いいよ。ぃ、イク、イクイク、またイクっ、イクイクイク…くぅ――ッ…!

B ちょ、ちょっと、待ってよ、今まだ準備して……あ、イクイク、イク、い、く――うぅ…!

A は、ハハ…何その格好…。寝っ転がって足上げて、ズボン脱ぎかけでイッちゃってるの?

B はぁっ…ふぅ…あ、アンタのせいよ…

A はぁ、はぁっ、い、いいよ、私は私で勝手にイってるから、好きなだけイって…あぁイクっ、またイクよ、イク、イクイク…!

B イ、ぁ、イクイクっ……くぅん――! あ、はぁ、ぬ、脱げた……よ、よし、ねぇ、脚、こっちに伸ばして

A ぇ、う、うん……はい……

B 生足の方、アタシの肩に乗せて

A う、うん…。くっ…! あっ…

B 乗せただけで感じてやんの。さっきのジュース、アタシが拭いたげる……

A え、ちょ、なめ……ひぃっ…! あ、あ、あ、あっあっあっあっ、あーイクっ、イクって、イクから、イクよイクイクっイぐぅっ…!

B ひもひいい? はあうのほいあう?(気持ちいい? 触るのと違う?)

A そんなの――あ、あ、ダメ、ダメダメダメ、イク、舌でイク、イクイク、イクイクイク、ぃぁあ、あ、あっああイぐぅ――っ!

B へぁっ、あ、ああイク、イクイク、これ、ヤバっ、イクイク、イクイクイクぅっ…!

A はぁっ、はぁ…はぁ…

B う、はぁっ、綺麗な脚、舐めれて、はぁ…、イキ声まで、はぁ…聞けるなんて、最、高…

A 変態…

B んー? 何か言った?

A ああ、指くわえ…ああっ、あ、あっあっあっそれも気持ちいいっ…またイク、イクイク、イクイクイクイク…!

B …ぷはっ、うぅっ…! くっ、イク…あぁっ!

A …はぁ、あ、何か出た…それ、潮?

B ふ、吹いちゃった…

A 何か嬉しいか、も、あぁっ、あ、それダメ、ダメダメダメ、イクイク、イクイクイク、イクぅイクぅイクぅッ――!

B 太もも触られまくりながら、スネに頬ずりされてイク女って、意味分かんないけどエロいね

A わかった、わかったからぁっ…ダメ、もうダメ、ダメダメそれイク、イキすぎるからぁあっあっあっあっイクイクまたイク、イぐぅ…!

B ああ、イク、アタシもまたっ…あ、あ、あ、イク、イク、イクイク、い、くっ…!

A はぁっ、ハァッ…ね、ねぇ…

B な、はぁっ…ふ、ぅ、何…

A 肩に乗せてる私の脚、ベッドに伸ばしてさ…抱き枕みたいに抱きついてくれない…?

B え、う、うん、いいけど

A 裸で

B え

A 私、夢だったの。裸の女の子に、全身で脚をしごいてもらったらどんなに気持ちいいだろうって

B フッ…わかった。アンタも脱ぐの?

A い、いや、私は…

B いやいや、いいのよ。脱げってんじゃなくて、着てて欲しいの

A 着衣派?

B 着衣派




A ああ…すごくスベスベしてて、抱きつかれてるだけで、イキそう…

B ねぇ、もう片方の脚もニーハイ脱いで

A え? うん、わかった

A …あ、あぁ、あ、ああイク、ね、ねぇ、ニーハイ脱いでイク顔、見てて…

B 言われなくても見てるよ

A そっか…あ、ああっ、イク、イクイク、イクよ……イク、イクイク、イクイクイク、あ、ああっ……!

B う、アタシも……ぃ、イクっ……!

A あ、潮、私の脚にぴゅって……あ、それで、また…い、イクっ……!

B こ、これ、ヤバそうだね…アタシ、結構潮吹くよ?

A だ、大丈夫…予想通りだから…

B 潮かけられてイキたいんだ。このどエロ

A 脱いでどうするの?

B アタシが触りやすいように、膝立てて内股気味にしてて欲しい。途中で膝裏とか太ももとか犯してあげる

A ぇ、あ、何それ、想像しただけで、あ、イク…っ イクイク…

B ね? よさそうでしょ。じゃ、後は抱きついてればいいの?

A うん、私が勝手に脚こすりつけてオナニーするから

B すご。何、アタシの身体全部がアンタのオナホってわけ? あぅ、い、イクイク…

A そう…嫌?

B ううん。じゃあ、アタシもアンタのイキ狂ってるの見て、たくさん潮吹いてヌルヌルにしなきゃね

A うん、お願い…。じ、じゃあ、後はもう、お互い好き勝手に相手の身体を使うってことで

B おっけー。でも、声は抑えるんだよね

A うん…我慢できるかわかんないけど

B 無理そう…ぅ、ごめ、イクっ

A だね…ぁ、イクイクっ




A あっあっあっあっ、またイクっ、イク、イクよ、ねぇイキ顔見てる? イキ声聞いてる?

B だ、だから、アタシもさっきからイキまくってんじゃん、あ、あ、ダメダメ、おっきいの来るっ…イク、イクイク、イクイクイクぅ…!

A ああイク、イクイク、イクイクイクぅイクぅ…! はぁ、あ、潮かかって――連続でイクぅ、イクイク、またイク、イクイクイぐぅ…!

B あ、れ、連続イキだとそんなに真っ赤になって、可愛い顔がくしゃっとしちゃって、ああ、いい、その表情、ああイク、また出る…!

A ああダメ、ダメダメ、吐息が、潮、が、ヌルヌルの肌が、すごすぎて、イキすぎて、もうわけわかんない…!

B そ、そろそろ、そっちの脚も攻めちゃうよ…

A あああっ…! 膝裏に腕こすりつけられてる…! あ、あ、あ、両脚なんて…やっぱ、すごい、あぁイクイク、イク、イグイグぅ…!

B あ、耳気持ちいいっ、目も感じるっ、脳みそアンタに犯されて全身トロトロだよぉ、あっあっあっあっイクイク、また、イクイクっ!

A あ、あっあっあっ、あ、私も出そう、出る、出る出る、イクイク、イクイクイク、イぐっイグっ、ぅぁ、あぁ…

B ぅあ、か、顔に、潮かけられてイクっ、イクイクっ、あぁイクイク、イぐイぐイぐっ…あっあっ、潮かけられながら脚に潮ふいちゃう…!

A ああ、ぐしゃぐしゃで気持ちよすぎて、変になるぅ…

B もうお互い、十分変、でしょ…あ、あ、あ、あっあっあっあっイクイクイクイクっ、またイクっ、また、あっイクイク、イぐぅっ!

A イクイク、イクイクイク、脚イク、そんなに痙攣されたら、脚イっちゃう、イクイク、イクイクイクイク…!

B ずっとイキっ放しのくせに……ぁ、脚ピンッって伸ばしちゃってる、ぁ、脚かわい、ぃ、ぃイクイク、イク…!

A ああ、ダメ、足指の間に、そんな風に指挟まれたら……ダメダメ、ダメダメダメ、イクイク、イクイクイク、あーイぐぅぅ…!

B だって、指開いてイッちゃってるのが可愛くて……ああ、アタシもまたイク、イクイク、止まらない…イク、イクっイぐぅっ…!

A もう、二人共、全身ぐしょ濡れ、で…あイクまたイク、イクイク、連続でイク、イキっ放しなのにまだイクぅ…!

B 汗とぉ、愛液とぉ、潮とぉ、アンタの涎よぉ…あーイクっ、イクイクイク、イクイクイクイク…!

A し、仕方な…あ、イクイク、もう、くるし…ダメ、イク、イクイク、イクイクイク…!

B あ、あ、あ、も、もう、無理、が、我慢出来ない…ねぇ、最後に、二人で思い切り、あ、イクイク、イクぅ…!

A イクイクイクっ、イク、イ、ぐ…、あ、あ、お、思い切り、な、何?

B 二人で、思い切り、声も、潮も、涎も、イキ顔も、痙攣も、何もかも我慢しないで、二人で、一緒に…あっあっあっあっイクっ…!

A い、い、いいよ…イっちゃおう、思い切り、あっあっあっあっ、イクイク、イクイクイクイク…!

B だ、だめだって、一緒にイクんだから、今から…クぅ…ぅ、が、我慢して、最後に一気に、ね…?

A う、うん……はぁ…はぁ…

B じゃあ、はぁ…思い切りイかせたげるから、思い切りはしたなく、あっ、イキ、イキなさいよ…

A わ、わかったぁぁぁぁあっ…!

(ここから声を張り気味で)

B ああ、いい、いい、その顔、その声、もっと、もっともっと、もっともっと喘いで、潮吹いて、ビクンビクンしてぇ…!

A あっあっあっあっあっあっあっあっ、そんなにされたら、あぁぁらめらめらめ、我慢なんへぇ、あぁ、あぁ、もう、あぁ、らめぇっ――!

B あぁ、あっあっあっあっあへっ、あへっ、可愛い可愛いエロいぃエロぃぃっ、感じる、全身犯されてぇぇぇっ、あっあっあぁぁ!

A あぁイク、ダメダメダメ、イク、イキそう、イキそうっ、イク、イクイク、イぐぅイぐイぐ、ダメ、もうイクよ、イッちゃうよぉ――!

B うん、イこ、イこ、一緒に、アタシもぉ、イク、イクよ、イク、イクイク、イクイクイク、イクイクイぐイぐイぐぅぅぅぅ!

A あぁイクイクイク、イクイクイクイク、イグイグイグイグ、イグっ、イグっ、あぁぁイクイクイクイクイクぅ――!!

B イク、イクイク、イクイクっ、イクイクイクっ、イグイグイグイグイグぅぅぁぁあイクイクイクイクイクぅ――!!


(ここからまた声を抑え気味で)

A はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……ふぅ、ふぅ……ぁ、イクイク、くぅ――! あ、脚、離して…

B はぁ、はぁっ、いきなりイかない、で…イクイク…っ、はぁ、はぁ……ふぅ、ふぅ……ご、ごめん…

A あー、こんなに部屋中びちゃびちゃにしちゃって、どうするのよぉ…

B 気持よかったんだからいいじゃん

A だーめ。罰を受けてもらいます

B …え? 罰?

A 私、ここでM字みたいに座るから、向こう向いて脚の間に座ってくれる?

B え、いいけど、何何?

A いいから…あ、どさくさで脚触らないで…あ、イクイク、イクぅっ…!

B へへっ…はい、座ったよ。で?

A (ささやき声で。わざとらしい演技で)あっ…ダメダメ…イク、イクイク、イっちゃう…

B へっ?! あ、あぁぁ、な、何よそれ…、あ、何かゾクゾクして…あぁイク、イクイク、イクぅっっ…!

A あーあ、またそんなに潮吹いて。…やっぱりこういうのにも弱いんだ。じゃあ、ずっと耳元で囁いちゃお

B ちょっ、だ、ダメ、ダメダメ、ああ、イクイク、イクイクイク、イクイクぅ、イクぅイクぅ……!

B ま、まだ敏感なのにぃ、あ、あっあっあっ、イクイク、イグぅっ…!

B やめて、やめ、や、あっあっあっあっイクイク、またイク、イクって、ああイクイクイぐイぐっ!

B ちょ、タンマタンマ、タ――あぁぁイクぅっ、イクイクイクイク!

B イクイク、イクイクイク、イクイクイクイク、イグイグイグイグイグぅっっ!!

B イクのとまらない…潮吹きとまらないっ…あああ、イクイクイクイクイクっ、あぁぁぁ、もうっ、もうっ!

B ダメダメダメダメ、限界、限界! イクイクイクっ! イぐぅ!!

A あっ、そんなに暴れない、で、あっあっあっあっ、脚、摑んじゃ――

A あぁぁぁイクイク、私もイク、イっちゃうって、イクイク、イクイクイクイクイぐぅぅぅぅ!!

B も、もう、ストップ、終わり、終わり!

A ご、ごめ、ごめん、ちょっとふざけすぎた、ね…

B ホントだよ……あ、ぅ、なんか、や、ヤバいかも…

A え? 何が…

B ちょ、ごめ、イク、イクイクイク…!

A え? 何もしてないのに…

B これ、イクの止まんなくなっちゃっ、イク、イクイク、イクイクイク…!

B ご、ごめ、イク、イクイクっ! …ちょ、ぁ、ごめ、また、イク、イクイク、イクイクイク…!

A ど、どうしよう…どうしたらいい…?

B あ、アタシの…あ、また、ちょ、ごめ、イク、イクイク、イクイクイクっ…はぁ、はぁっ、アタシのアソコ…ぁまた、イクイクイクっ…

A アソコ、をどうするの?

B 指、指でかき回して、思いっきりイかせてくれたら、多分…あ、ごめ、は、早く…またイクっ、イクイクイク!

A わ、わかった…

B ちょっ、アンタ何――あ、イクイクイク…!

A こ、こう? あっ…! イク、イクイクっ…

B あ、アンタ、脚の指でなんて――あ、入ってき…あぁぁぁ、あっあっあっ、そうっ、いいっ、いいっ、もっと、もっと! 激しくして! 

A あっあっあっあっ、こう? こうっ? あぁ、これ、あったかくて、あっダメ、これ、すご、すごい、気持ちいい!

A 私も足指で、い、一緒にイクっ! イクイクっ!

B アンタぁっ! アタシが困ってるのにぃっ! あぁイク、イクイク、しゅ、しゅごいの来るぅ、ああイグ、イグイグイグイグイグぅっ!!

A ご、ごめ、イク、でも、私もイキたぃ、ごめ、でも、ダメ、イク、イクイク、私もイク、イクよイクイク、イグイグイグイグイグぅっ!!



終わり



購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント