アダルト ボイス [萌えボイス]
 
萌えボイス 萌えボイス作成 マッチング板 既存作品購入 声優検索 お題でボイス
 
萌えボイス作成
 

声優名 花見川ゆふ [声優詳細情報]
価格 2969円 文字数 4873文字
サイズ 24202.8 KB 公開日 2013年12月24日
声のタイプ CM風に ファイル形式 zip
売れ行き
 この作品の販売回数 : 2回
タイプ アダルト作品
作品内容
 ラジオ番組から女子アナのフリートーク部分を抜き出しました。意地悪なスタッフのせいで喘ぎ声をちょっとだけ披露しちゃいます。3つのファイルがあり、それぞれ約6分20秒、4分20秒、6分50秒の長さになっています。

台詞
えー…今夜は何をするかというとですね…あまり気が進まないんですが…
罰ゲームをしなくちゃいけないんですよねぇ…
先週、ゲストとのゲームに負けたからなんですけど…
(ディレクターの方を見て)…で、何でしたっけ?今回の罰ゲームって?
(ディレクターに睨まれる)…あぁ…はいはい…分かってますよぉ…ちょっととぼけてみただけです
えーと、確か…喘ぎ声…でしたよね?
あの、これってほんとにしなくちゃいけないんですか?
だって私、一応アナウンサーですよ?
アナウンサーがラジオで喘ぎ声って…そんなのやっていいんですか?
え?上司の許可はとってあるって、そんなぁ…あぁ…やだなぁ…
え〜でもどうしよう…いきなりそんな声を出せって言われても…ねぇ?
どんな風にすればいいんですか?
はぁ?普段どおりって…ちょっと何変なこと言ってるんですか(笑)
まるで聴いたことあるみたいに言わないでくださいよぉ…もぅ…
え?アナウンサーらしく?…アナウンサーらしく喘ぐって、意味がわからないんですけど?(笑)
はい?…マイクテストを喘ぎながら…するんですか?
マイクテストって…あの…「あー、あー、ただいまマイクのテスト中…」ってやつですか?
それを喘ぎながら…ですか?…うわぁ〜なんかいやですねぇ…そんなの恥ずかしすぎますよぉ…
(媚びるように)あのぉ…やっぱり他のに変えてもらう…とかダメですか?…ねぇ、ダメぇ?
あ〜ん…ダメってディレクターが言ってます…はぁぁ…しょうがないですねぇ…罰ゲームですもんね…
んーと…じゃあわかりました…今回の罰ゲームは喘ぎ声ということで、やってみたいと思います
でも、ほんとにどんな風にすればいいんでしょうかね?
えっ?まずは自分の思うとおりにやってみてって?
うーん…はい…わかりました…じゃあ、いいですか?
あぁ…なんか緊張しますねぇ…(咳払い)…じゃあやりますよ…
(少し緊張気味に)

『あっあぁん…はぁぁん…ただいまぁ…マイクのテスト中…あぁん…あっはぁん…』

うわぁ…コレ恥ずかしい!…なんか顔真っ赤になってません?顔が一気に熱くなっちゃったんですけど…
(ディレクターからはダメ出しされる)
え?今のじゃダメ?…ダメなんですか?
もっと色気を?…え〜…私としては出したつもりなんですけどぉ…もっとですかぁ?
え?声がカタい…ですか?…だってそれはしょうがないじゃないですか…こんな事したことないんですからぁ…もぅ…
(もう一回やってと指示される)
もう一回…ですか?…うぅぅ…わかりました…じゃあ、もう一回やってみますね…
はぁぁ…もっと色気を…ですね…はい…(咳払い)…いいですか?…

『あぁぁ…あっはぁぁん…あぁん…ただいまぁ…マイクのテスト中…あぁ…あっあぁぁん…あはぁぁん…』

どうですか?今のは結構良かったんじゃないですか?色気ありましたよね?
(ディレクターは微妙な表情)
な…何ですか、その微妙な反応は?(笑)
え?…さっきよりはいいけど、もっとエロくできるはず?…そんなぁ…今ので十分じゃないですかぁ…もっとエロくなんて出来ませんよぉ…もぅ…意地悪ですねぇ…
あの、何度も言いますけど、私アナウンサーですよ?
アナウンサーにしては相当頑張ってると思いません?こんなこと普通しないですよね?
(ディレクターから「もう一回やって」と無情な指示が)
え〜、もう一回ですかぁ?…はぁぁ…え?何ですか?…リスナーの期待を裏切るな…ですか…
はい、わかりました…じゃあ、しょうがないですねぇ…あと一回やってみます…
でも、もうこれがほんとに最後ですからね?いいですか?じゃあ、いきますよ?
もうこうなったら思い切ってやっちゃいますからね…
(色気MAXで!)

『あっぁぁ…あぁぁん…はぁぁん…ただいまぁ…あぁん…マイクの…テスト中…あぁぁ…んはぁ…あっあぁぁん…』

あぁ…私ったらラジオで何やってるんだろう(笑)…
(ディレクターの顔色をうかがう)…で、どうですか?…OK?OKですか?
あぁ…よかったぁ…はぁ…これでダメなら私、暴れてますよ(笑)…相当頑張ったんですから…
はぁ…なんか汗かいちゃいました…はぁぁ…まぁ…とにかく終わったということですね…はぁ…疲れた…
でも、いくら罰ゲームだからって、なんて事をさせるんでしょうねぇ、この番組のスタッフは…
え?深夜放送はエロさが肝心…ですか…はぁ…そうですねぇ…勉強になりました(笑)

(その翌週)
えー…こんなメールをいただきました。
「先週の罰ゲームの「喘ぎ声」とてもよかったです。エロかったです!めちゃくちゃ興奮しました!
ただ、まさか喘ぎ声が聞けるなんて思ってもなかったので録音してませんでした。
オカズにしたいので、もう一回聞かせてもらえないでしょうか?ぜひ、お願いします!」
という内容なんですが…あぁ…そうでしたねぇ…先週、罰ゲームでやらされたんですよねぇ…喘ぎ声(笑)。
あれはもぅ、かなり恥ずかしかったんですよ!しかも、ディレクターが二度もダメ出しするし…
でも、そうですか…エロかったですか(笑)
まぁ…そう言って頂けると、やったかいがあったのかなと思います…
あの…ところでオカズって何ですか?読んでてよくわからなかったんですけど?
(ディレクターがメモで説明する)
…え?ヌク?…ヌクって何をですか?…え?私の声でヌク?
(詳しく説明を聞く)
…え…オナ…!って…あぶない(笑)…私、今思わず口に出しそうになりましたけど…
え?言ってもいいって…いえいえ、そんな…言わないですよ、アナウンサーですから(笑)
へぇ…でも、それをオカズって言うんですか?…そうなんですか…ふぅん…
あ、でももうやりませんからね…
あれは罰ゲームで仕方なくやっただけなんで、あれっきりということで…
あの…夜の番組しかお聞きになっていないリスナーさんは知らないかもしれないですけど、
私も一応昼間はニュースも読んでいる立場なので…ね?わかりますよね?
あまり、ああいう…喘ぎ声とか出してたら…その…私のクリーンなイメージが損なわれるので(笑)ね?
ああいうお色気ものはほどほどにしておかないと…
(ディレクターから今やってと指示される)
…は?…今やれって…え?嘘でしょ?…あの、人の話聞いてます?
リスナーの要望だからって…えぇ〜いやですよぉ…えぇ…ほんとに?またやるんですかぁ?
え〜…そりゃあ、リスナーさんあっての番組ですけど…でも、そんなぁ…やだぁもぅ…
(ディレクターに早くやってと催促される)
はぁ…わかりましたよぉ…もぅ…二度としないと思ってたのにぃ…はぁぁ…
(少し不服そうに)
…はい…じゃあ、わかりましたぁ…この方のリクエストにお応えしたいと思います…
いいですか?…あの…録音の準備できてます?…じゃあ、いきますよ?

『あ…あぁぁん…はぁん…あぁぁん…ただいまぁ…マイクの…あぁ…テスト…中…あ…あぁ…はぁぁん』

はい、どうですか?これでいいですか?ちゃんと録音できました?(笑)
でもこれって、何度やっても恥ずかしいですねぇ…(笑)
え?…前より上手くなってる?…そうですか?
まぁ…先週よりはなんとなく要領がつかめたような…そんな気がしないでもないですけど…
あっ…でも、もうしませんからね!
次、もし罰ゲームということになっても、こういうHなのはダメですよ?いいですか?
あぁっ、ディレクターが、さぁどうだか?みたいな不適な笑みでこっち見てる…ほんとにもぅ…ひどいですねぇ
お願いですから、私のアナウンサーとしてのイメージをこれ以上崩さないでくださいよぉ…お願いしますぅ…

(その翌週)
えー…とても悲しいお知らせです…(笑)
来週から新コーナーをすることになったんですけど、それがですねぇ…
「セクシーなぞなぞ」っていうコーナーなんです…
リスナーの方から、ちょっとHでセクシーななぞなぞを募集するんですけど、
その問題にもし私が30秒以内に正解できなかったら、
罰としてリスナーさんが私に言って欲しいHな台詞を言わなきゃいけないっていう…
もう、どうしてこんなコーナーが勝手に出来ちゃってるんですか!?
先週、あれほど私のイメージを崩さないで、って言ったのに…もぅ…
なんか、スタッフが言うにはですね…先々週の罰ゲームで私が出した喘ぎ声…
あれがかなりの好評だったみたいで、メールの数が一気に増えたそうなんです…
で、それならそっちの線でコーナーを作ろうという話になって、その結果、こういう事になったらしいんですけどね…
でも、私の知らないところで勝手に話を進めるなんて…ねぇ?…ほんっとに意地悪なスタッフですよねぇ…
でもまぁ…しかたないですね…決まったことですから…ほんとは気が進みませんけど…(笑)
それでは、ちょっとHななぞなぞと私に言って欲しい台詞を募集しますので、気が向いたらメールくださいね…
あの、無理しなくていいですよ、気が向いたらでいいですからね(笑)
(ディレクターに紙を一枚渡される)
……これ何ですか?…え…今週からするんですか?
今日はスタッフが考えたものがある?…えぇ〜そんなの作らなくていいのにぃ…もぅ…
そういうことだけは手際がいいんだからぁ…
(早く問題を読んでという指示に)
はぁ…わかりましたよぉ…やります…やればいいんでしょ…もぅ…(笑)
あっ…でも不正解の場合の台詞はないんですよね?…え?あるんですか?
思いきりエロい台詞を用意してある?…えぇ…やだぁ…そこまで用意してるなんて…
(正解すればやらなくていいと言われ)
そうですよね…正解すればいいんですよね…はい…こうなったら絶対正解します…
じゃあ、まずは問題を読みます…
え?問題もセクシーに読むんですか?…はいはい、わかりました…

『問題です…入れる時は硬いのに、出すと柔らかくなって、出した後はティッシュなどでこっそり後始末するものはなぁに?』

えぇ?…入れる時は硬くて…で、出すと柔らかくなる…それでティッシュで後始末…
うーん、何だろう?…わからないですけど…えぇと…入れる時は硬くって…で、ティッシュで後始末…
えぇ…なにナニ?…えぇ…わからない…あぁどうしよう…全く思い浮かばない…えぇ…ちょっと待って…あぁ…どうしよう…やだぁ…何?何なの?…あぁっダメぇ…わからない!(時間切れ)
あぁぁ…時間切れですか…はぁぁ……で、答えは何だったんですか?…え?ガム?
…あぁ…そうかぁ…ガムねぇ…あぁ…なるほど…ガムかぁ…
あっ、じゃあ不正解ということは…さっき言ってた、思い切りエロい台詞とかいうやつを言わなきゃいけないんですか…はぁぁ…
(ディレクターからメモが届く)
ん?…アナウンサーの喘ぎパート2?…うわぁ…なんか、長いんですけど?
それに…すっごくいやらしいというか…ねぇ、コレって誰が考えたんですか?
(スタッフの一人が手を挙げる)
えぇ、ほんとに?…普段は大人しくて真面目そうな顔してるのにこんな事考えてるんですかぁ?
…もぅ…スケベ…エッチ(笑)
はい…それじゃあしょうがないですね…不正解だったんですから…じゃあいいですか?
…え?…エロく?…わかってますよぉ…じゃあ、いきますよ…

『ねぇ…今夜は生でするんでしょ?私、生でするの大好きなんだけど、最近はご無沙汰だったから、今日はとても楽しみなの…あぁ、もう待ちきれない…あぁ…早くしたい…ねぇまだなの?…ほらぁ…早くしましょうよ…生で…あぁ…お願い…私もう我慢できないの…早くぅ…ねぇ、いつまで待たせるつもり?…あぁ…私はもういつでもOKなんだからぁ…はぁん…だからぁお願い…早くしてぇ…あぁ…はぁぁん…私もう待ちきれないわぁ…生放送が…』

…はい(笑)…いかがでしたでしょうか?…
なぜか原稿に書いてあるよりも多めに喘いじゃった気がしないでもないですけど…え?サービスしすぎ?
だって、ダメだしされるのはいやですからねぇ…だから頑張ってみました…(笑)
でもなんだか、こういうことをすることにだんだん慣れてきている自分がちょっと悲しいですね…
こうやって変な色に染まっていくんでしょうか?私…(笑)
はい…それじゃあこんな感じで、私がなぞなぞに正解できないときは、リスナーさんの望む台詞を私が言いますので、なぞなぞと言って欲しい台詞を両方書いて送ってくださいね…お待ちしてます


購入者からの評価
評価値 0 ポイント
購入者のコメント